アレグラの薬

アレグラを知って花粉症を軽減させましょう!毎年毎年季節の変わり目などでティッシュを片手に生活していませんか?花粉症で苦しんでいるのを今年で卒業できるかも知れませんよ!アレグラで治療して季節の変わり目を楽しむ余裕を持ちましょう!

ジルテックを飲んだら眠気の症状が現れる?

ジルテックは花粉症が引き起こすアレルギー症状のくしゃみや鼻水、鼻づまりなどを緩和することが期待出来る薬です。ジルテックの有効成分はセチリジン塩酸塩という抗ヒスタミン薬ですが、花粉やハウスダストなどに反応してアレルギー症状が起こるのはヒスタミンなどの化学物質が体内で放出されて花粉などを体外へ排出しようとしているせいなので、この薬の服用によりそのヒスタミンの作用をブロック出来るセチリジン塩酸塩が働き、アレルギー症状の改善効果が期待出来るという仕組みになっています。

ところで、ジルテックは服用すると眠気の症状が出ることがあります。眠気は全ての人にあらわれるというわけではありませんが、ジルテックの有効成分であるセチリジン塩酸塩の副作用として眠気が起こることがあると報告されているため、服用する時には気をつけた方が良いでしょう。

抗ヒスタミン薬のタイプ

花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬には第1世代という古いタイプのものと、第2世代という新しいタイプのものがあります。ジルテックは第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されており、第1世代の薬よりは副作用として眠気の症状が出にくいとされています。

この薬の服用によって眠気が起こる確率は、第1世代の抗ヒスタミン薬よりは低いものの、第2世代の抗ヒスタミン薬の中で比較するとジルテックは眠気が出やすい方になっているため、服用中は車の運転などの危険な行為はしないようにするのがおすすめです。

ジルテックの服用のタイミングは寝る前がいい?

ジルテックは1日1回服用することで花粉症による鼻炎症状を抑える効果が期待出来ます。そして、服用するタイミングは寝る前にすることという決まりがあるので、病院でこの薬を処方された時などは薬剤師さんからそのように説明があることでしょう。寝る前に1回飲むだけで次の日の1日中花粉症を抑えられるのかという心配をする人もいるでしょうが、この薬の効果の持続時間は長い方であるためこの服用方法が指定されています。

ジルテックを寝る前に飲んでおけば、副作用として眠気が出てしまった場合も睡眠時間に含まれるので問題ないでしょう。また、次の日の朝に薬を飲まなくても良いことは朝の忙しい時間に手間がかからないという点が便利です。

ジルテックの服用方法

ジルテックは病院で処方してもらう場合、セチリジン塩酸塩が1錠あたり10mg含まれた錠剤と5mg含まれた錠剤があり、5mgの方は7歳以上15歳未満の子供に処方されることが多いです。その時に子供の場合はジルテックを朝食後と寝る前に1回1錠ずつ飲むという方法になることに注意しましょう。

その他にジルテックには2歳以上7歳未満の子供などに主に使われるドライシロップタイプの薬もありますが、こちらも飲み方は朝食後と寝る前の1日2回となっています。