アレグラの薬

アレグラを知って花粉症を軽減させましょう!毎年毎年季節の変わり目などでティッシュを片手に生活していませんか?花粉症で苦しんでいるのを今年で卒業できるかも知れませんよ!アレグラで治療して季節の変わり目を楽しむ余裕を持ちましょう!

微熱が出る事もある花粉症の治療はアレグラやパブロン

花粉症の症状というと、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが有名です。
しかし、花粉症では微熱やだるさといった全身症状が起こることもあり、風邪と間違いやすいので注意が必要です。
もし、自分の症状が花粉症からきているのに、風邪のせいだと思って風邪薬を飲んでしまうと、症状が改善しないので長くつらい思いをすることになってしまいます。
風邪と花粉症の見分け方は、微熱の他にくしゃみや目のかゆみがあると花粉症の可能性が高いでしょう。
逆に体温が微熱から高熱になったり、鼻水がねばねばしてくるようだと風邪が疑われますが、症状が重い場合は病院で診察を受けるのがおすすめです。
さて、微熱や鼻炎の症状が出る花粉症を治療したいなら、ドラッグストアでも手に入るアレグラやパブロンの鼻炎シリーズも役に立ちます。
パブロンには風邪薬のシリーズもあるので、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎が原因となっているなら、間違わずに鼻炎用のパブロンを買わなければならないことが注意点です。
また、パブロンはアレルギー症状の原因物質の放出を抑える効果に優れている抗アレルギー薬タイプと、すでに放出されたヒスタミンの作用を防いで症状を鎮める効果に優れた抗ヒスタミン薬タイプの種類がありますので、自分の状態に合わせたものを選ぶ必要があります。
それに対して、アレグラは一つの薬に抗アレルギー薬と、抗ヒスタミン薬の効果の両方が入っており、更に抗炎症作用も持っている薬なので、花粉症になりはじめた頃から、症状が出ている頃までずっと同じ薬で対応出来ます。
また、アレグラに配合されている有効成分のフェキソフェナジン塩酸塩は脳に入りにくいという特徴を持っており、アレルギー症状をしっかり抑えるのに眠くなりにくいという利点があるため、仕事などの関係で眠くなるのは困るという人は、アレグラで花粉症の改善を試みるのがおすすめです。